2019年8月23日(金) 本日も82円上げた【円安ドル高で】

f:id:hmkn0412:20190823214642j:plain

こんにちは!ハマカナです。

本日も上げました。2日連続株高です。理由としては、米国の継続的な利下げ観測が後退したことを受けて、円安ドル高になったことが大きかったかと思います。

本日の注目株としては、統合型リゾートで有利になりそうな【オリックス】を取り上げてコメントをしたいと思います。

日経平均株価

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

   

f:id:hmkn0412:20190823214223j:plain

 

 

値動きの分析 

■前日のアメリカNYダウ30種:

26,252(前日比:+49(+0.19%))で上昇

 

■本日の中国上海総合指数

2,897(前日比:+13(+0.48%))で上昇

 

■考察:

・総括

取引開始直後から上昇トレンドを形成し、最終的には82円のプラスで取引を終えた。

・上昇した原因

円安ドル高を受けて、株高になったと考えます。

 ・つぶやき

円安ドル高になることで、輸出関連企業の業績が上がるとのことで、上昇した様子です。更に米国株高も影響を受けて、株高になったかと予想します。ただ世界情勢はまだまだ懸念が残っていますので、下降トレンドになることは必須かと思います。

注目株:モバイルファクトリー

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

      

f:id:hmkn0412:20190823214825j:plain

 

値動きの分析

 ■考察:

・総括

取引開始直後から下降トレンドを形成し、最終的には64円のマイナスで取引を終えた。

・下落した原因

調整のため、株高になった考えられます。

・つぶやき

三井住友トラストアセットマネジメントが保有割合を増加させることで、株価が上昇しましたが、このようなニュースがあった時は、その時は上げますが、その後は下げる傾向になります。少し様子を見る必要があるかと思います。

本日の注目株:オリックス

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

    

f:id:hmkn0412:20190823214844j:plain

 

 値動きの分析

 ■考察:

 ・総括

取引開始直後から上昇トレンドを形成し、最終的には21円のプラスで取引を終えた。

・上昇した原因

統合型リゾートで有利になると考えられ、株高になったと考えます。

・つぶやき

夢洲IRの入札に、米ラスベガスサンズが参加しない方針と伝えられ、競争相手の撤退で、MGM社と連携しているオリックスに有利との思惑で買いが入ったかと思います。横浜のIRについて現在批判が相次ぐ中、IRについては今後も注目される可能性が高い銘柄となります。

 

チャートの分析:花王

 

 

f:id:hmkn0412:20190823214905j:plain

 ■考察:

 ・つぶやき

サイコロジカルラインとRSIが50より下に位置していて、75日線が一番下に位置しているので、上がる可能性があります。

 

日経平均騰落寄与度ヒートマップ

日経平均騰落寄与度ヒートマップとは、日経平均株価を構成する225の銘柄の株価変動が、日経平均に対しての影響度を円換算したものです。例えば、日経平均が50円上昇したことに対し、食品関連銘柄が30円の寄与度であれば、日経平均が50円上昇した内の30円は食品関連銘柄によるものと考えることが可能ということです。 

f:id:hmkn0412:20190823214925j:plain




上記図は日本経済新聞日経平均騰落寄与度ヒートマップの数値(URL:https://www.nikkei.com/markets/kabu/nidxprice/)を加工して作成

■小売業は大きく上げた。

■医薬品、通信は下げた。

※なおチャートについては楽天証券マーケットスピードより引用しております。

2019年8月22日(木) 本日は9円上げた【米株高を好感】

f:id:hmkn0412:20190822212435j:plain

 

こんにちは!ハマカナです。

本日は上げました。昨日の反落から反発しました。理由としては、米株高を好感したことが大きかったかと思います。

本日の注目株としては、訪日外国人客数が上昇し期待感が上昇している【資生堂】を取り上げてコメントをしたいと思います。

日経平均株価

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

   

 

f:id:hmkn0412:20190822212455j:plain

 

値動きの分析 

■前日のアメリカNYダウ30種:

26,202(前日比:+240(+0.93%))で上昇

 

■本日の中国上海総合指数

2,883(前日比:+3.1(+0.10%))で上昇

 

■考察:

・総括

取引開始直後から100円ほど上昇したが、その後下降トレンドを形成し、最終的には9円のマイナスで取引を終えた。

・上昇した原因

米国株高を好感して、株高になったと考えます。

 ・つぶやき

予想通り米国株に影響を受けた日になりました。ただ次第に利益確定売りが先行し、最終的には微増で終わったところをみると、やはりまだまだ米中摩擦と世界経済の懸念は投資家にはある状況であります。

注目株:モバイルファクトリー

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

      

f:id:hmkn0412:20190822212510j:plain

 

値動きの分析

 ■考察:

・総括

取引開始直後から上昇トレンドを形成し、最終的には39円のプラスで取引を終えた。

・上昇した原因

調整より勢いが上回り、株高になった考えられます。

・つぶやき

勢いがまだまだあるそうです。恐ろしいことにテクニカルも買い時であることを示しているところもありますので、ちょっと勢いは強いかもしれません。

本日の注目株:資生堂

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

    

f:id:hmkn0412:20190822212548j:plain

 

 値動きの分析

 ■考察:

 ・総括

取引開始直後から上昇トレンドを形成し、最終的には449円の大幅プラスで取引を終えた。

・上昇した原因

訪日外国人客数が増えたことを受け、株高になったと考えます。

・つぶやき

訪日外国人客数が7月分において、前年同月比5.6%増の299.12万人と、単月で過去最高を更新しました。その影響で、インバウンド消費拡大への期待感から、化粧品関連株に対して関心が向かっているとのことです。また空売りの残があることから、買い戻しでの上げもあったかと思います。

チャートの分析:花王

 

f:id:hmkn0412:20190822212614j:plain

 

 ■考察:

 ・つぶやき

サイコロジカルラインとRSIが50より下に位置していて、75日線が一番下に位置しているので、上がる可能性があります。

 

日経平均騰落寄与度ヒートマップ

日経平均騰落寄与度ヒートマップとは、日経平均株価を構成する225の銘柄の株価変動が、日経平均に対しての影響度を円換算したものです。例えば、日経平均が50円上昇したことに対し、食品関連銘柄が30円の寄与度であれば、日経平均が50円上昇した内の30円は食品関連銘柄によるものと考えることが可能ということです。 

 

f:id:hmkn0412:20190822212632j:plain


上記図は日本経済新聞日経平均騰落寄与度ヒートマップの数値(URL:https://www.nikkei.com/markets/kabu/nidxprice/)を加工して作成

■化学、電気機器は上げた。

■機械、精密機器、小売業は下げた。

※なおチャートについては楽天証券マーケットスピードより引用しております。

2019年8月21日(水) 本日は58円下げた【米中摩擦への警戒から】

 

f:id:hmkn0412:20190821221226j:plain



こんにちは!ハマカナです。

本日は下げました。先週に引き続き3日連続後の反落です。本日下げた理由は、米中摩擦への警戒があったことが大きかったかと思います。

本日の注目株としては、悪材料出尽くしの【コロプラ】を取り上げてコメントをしたいと思います。

日経平均株価

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

        

f:id:hmkn0412:20190821220620j:plain

 

値動きの分析 

■前日のアメリカNYダウ30種:

25,962(前日比:-173(-0.66%))で下落

 

■本日の中国上海総合指数

2,880(前日比:+0.32(+0.01%))で上昇

 

■考察:

・総括

取引開始直後から上昇トレンドを形成し、最終的には58円のマイナスで取引を終えた。

・下落した原因

米中摩擦の警戒感から、株安になったと考えます。

 ・つぶやき

3日連続株高から一転して反落しました。イタリア政治への先行き不安からも下げの原因となったそうです。米国株に大きく左右される週です。そうなるとFOMC議事の発表による株価の影響は、日経平均にも大きく影響を与える可能性があります。

注目株:モバイルファクトリー

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

      

f:id:hmkn0412:20190821220724j:plain

 

値動きの分析

 ■考察:

・総括

取引開始直後から上昇トレンドを形成し、最終的には107円の大幅プラスで取引を終えた。

・上昇した原因

調整より勢いが上回り、株高になった考えられます。

・つぶやき

勢いがまだまだあるそうです。恐ろしいことにテクニカルも買い時であることを示しているところもありますので、ちょっと勢いは強いかもしれません。

本日の注目株:コロプラ

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

    

f:id:hmkn0412:20190821220738j:plain

 

 値動きの分析

 ■考察:

 ・総括

取引開始直後は10円程上昇したが、その後停滞トレンドを形成し、最終的には5円のプラスで取引を終えた。

・上昇した原因

悪材料出尽くしで、株高になったと考えます。

・つぶやき

ドラゴンクエストウォークの発表から大きく上昇し、その後調整のため下げ、売り上げランキング不正操作で更に大きく下げたことで、悪材料出尽くしとのことです。ドラゴンクエストウォークの期待感はまだまだ大きいと思いますので、悪材料出尽くしであればかなり良い銘柄かと思います。

チャートの分析:花王

 

f:id:hmkn0412:20190821220638j:plain

 ■考察:

 ・つぶやき

サイコロジカルラインとRSIが50より下に位置していて、75日線が一番下に位置しているので、上がる可能性があります。

 

日経平均騰落寄与度ヒートマップ

日経平均騰落寄与度ヒートマップとは、日経平均株価を構成する225の銘柄の株価変動が、日経平均に対しての影響度を円換算したものです。例えば、日経平均が50円上昇したことに対し、食品関連銘柄が30円の寄与度であれば、日経平均が50円上昇した内の30円は食品関連銘柄によるものと考えることが可能ということです。 

 

f:id:hmkn0412:20190821220809j:plain


 

上記図は日本経済新聞日経平均騰落寄与度ヒートマップの数値(URL:https://www.nikkei.com/markets/kabu/nidxprice/)を加工して作成

■電気機器、小売業は上げた。

■化学、医薬品、通信は下げた。

※なおチャートについては楽天証券マーケットスピードより引用しております。

2019年8月20日(火) 本日も114円上げた【米中摩擦警戒の後退で】

 

f:id:hmkn0412:20190820214934j:plain

こんにちは!ハマカナです。

本日も上げました。先週に引き続き3日連続です。本日上げた理由は、ファーウェイへの輸出禁止措置に関し、一部の取引を認める猶予期間が延長される都の報道で、米中摩擦警戒が後退したことが大きかったかと思います。

本日の注目株としては、強い買いシグナルができたと思われる【リクルートHD】を取り上げてコメントをしたいと思います。

日経平均株価

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

        

f:id:hmkn0412:20190820215619j:plain


 

値動きの分析 

■前日のアメリカNYダウ30種:

26,135(前日比:+249(+0.96%))で上昇

 

■本日の中国上海総合指数

2,880(前日比:-3.09(-0.10%))で下落

 

■考察:

・総括

取引開始直後は100円程上げ、その後は停滞トレンドを形成した。最終的には114円のプラスで取引を終えた。

・上昇した原因

米中摩擦の警戒が後退したことを受けて、株高になったと考えます。

 ・つぶやき

この状況で3日連続株高となっています。FOMCの発表を前にこれだけの株高になるということは、今週は上げ相場になる可能性があります。

注目株:モバイルファクトリー

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

      

f:id:hmkn0412:20190820215645j:plain

 

値動きの分析

 ■考察:

・総括

取引開始直後から下降トレンドを形成し、最終的には99円の大幅マイナスで取引を終えた。

・下落した原因

調整の為、株安になった考えられます。

・つぶやき

勢いがありましたが調整の為下げたと感じます。昨日の予想の通り、下げ続けるような状況となりました。

本日の注目株:リクルートHD

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

    

f:id:hmkn0412:20190820215701j:plain


 

 値動きの分析

 ■考察:

 ・総括

取引開始直後は下げましたが、次第に上昇トレンドを形成し、最終的には53円のプラスで取引を終えた。

・上昇した原因

安値で長い下ヒゲが発生したことで、株高になったと考えます。

・つぶやき

先週から300円程下げたところで長い下ヒゲが発生しております。一般的には、買いのシグナルであります。実際にその通り、上昇しております。内定辞退率の問題意識が薄まれば、上昇の気配がある可能性があります。

チャートの分析:花王

 

f:id:hmkn0412:20190820215632j:plain



 ■考察:

 ・つぶやき

サイコロジカルラインとRSIが50付近に位置しているが、75日線が一番下に位置しているので、どちらにも動く可能性があります。

 

日経平均騰落寄与度ヒートマップ

日経平均騰落寄与度ヒートマップとは、日経平均株価を構成する225の銘柄の株価変動が、日経平均に対しての影響度を円換算したものです。例えば、日経平均が50円上昇したことに対し、食品関連銘柄が30円の寄与度であれば、日経平均が50円上昇した内の30円は食品関連銘柄によるものと考えることが可能ということです。 

 

f:id:hmkn0412:20190820220951j:plain

 

上記図は日本経済新聞日経平均騰落寄与度ヒートマップの数値(URL:https://www.nikkei.com/markets/kabu/nidxprice/)を加工して作成

■小売業、通信は大きく上げた。

■精密機器、サービスは下げた。

※なおチャートについては楽天証券マーケットスピードより引用しております。

2019年8月19日(月) 本日も144円上げた【先週の米国株上昇を受けて】

 

f:id:hmkn0412:20190819211212j:plain

こんにちは!ハマカナです。

本日も上げました。先週に引き続き2日連続です。本日上げた理由は、先週の米国株の上昇を受けたことが大きかったかと思います。

本日の注目株としては、出来高が急増した【ユニー・ファミリーマートHD】を取り上げてコメントをしたいと思います。

日経平均株価

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】

        

f:id:hmkn0412:20190819211225j:plain

 

値動きの分析 

■前日のアメリカNYダウ30種:

25,886(前日比:+306.62(+1.20%))で上昇

 

■本日の中国上海総合指数

2,883(前日比:+59.27(+2.09%))で上昇

 

■考察:

・総括

取引開始直後は200円程上げ、停滞トレンドを形成した。最終的には144円のプラスで取引を終えた。

・上昇した原因

先週の米国株高を受けて、株高になったと考えます。

 ・つぶやき

先週の米国株高の影響を受けましたが、FOMCの発表を手前に少し手仕舞いに走った人たちもいるかと思います。明日明後日も気の抜けない状況になるかと思います。

注目株:モバイルファクトリー

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

      

f:id:hmkn0412:20190819211249j:plain

 

値動きの分析

 ■考察:

・総括

取引開始直後から下降トレンドを形成し、最終的には79円の大幅マイナスで取引を終えた。

・下落した原因

調整の為、株安になった考えられます。

・つぶやき

勢いがありましたが調整の為下げたと感じます。再度下げのトレンドになる可能性があります。

本日の注目株:ユニー・ファミマHD

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

    

f:id:hmkn0412:20190819211301j:plain

 

 値動きの分析

 ■考察:

 ・総括

取引開始直後上昇トレンドを形成し、最終的には191円の大幅プラスで取引を終えた。

・上昇した原因

パンパシHD株を追加取得すると発表し好感し、株高になったと考えます。

・つぶやき

ユニー・ファミリーマートホールディングスが上げた原因はおそらくパンパシHD株追加取得かと思いますが、その影響を受けて、その他の小売業の株も上げております。このようにそのグループの中で上昇材料があると、その中のグループの株も上げる可能性が高いということを本日は示してくれた良い例かと思います。

チャートの分析:花王

     

f:id:hmkn0412:20190819211338j:plain


 ■考察:

 ・つぶやき

サイコロジカルラインとRSIが50付近に位置しているが、75日線が一番下に位置しているので、どちらにも動く可能性があります。

 

日経平均騰落寄与度ヒートマップ

日経平均騰落寄与度ヒートマップとは、日経平均株価を構成する225の銘柄の株価変動が、日経平均に対しての影響度を円換算したものです。例えば、日経平均が50円上昇したことに対し、食品関連銘柄が30円の寄与度であれば、日経平均が50円上昇した内の30円は食品関連銘柄によるものと考えることが可能ということです。 

f:id:hmkn0412:20190819211353j:plain

上記図は日本経済新聞日経平均騰落寄与度ヒートマップの数値(URL:https://www.nikkei.com/markets/kabu/nidxprice/)を加工して作成

■小売業、通信は大きく上げた。

■精密機器、サービスは下げた。

日々の株式投資記録 日経平均株価週間予想 190819~0823

 

f:id:hmkn0412:20190816194533j:plain

こんにちは!ハマカナです。

8/19の週は、9月の追加関税前ということで、下げ気味の相場になると予想されます。ただしFOMC議事の発表があるので、好感する可能性がある材料もあります。

今週の世界的な行事

 

f:id:hmkn0412:20190816194620j:plain

 出典:みん株FXより

 

今週の日経平均株価予想

 

f:id:hmkn0412:20190816203240j:plain

 

■月曜日の予想:

先週の800円の米国株安から反発して、株高になると考えます。

 

■火曜日の予想:

9月の追加関税を控え米中摩擦を警戒して、株安になると考えます。

 

■水曜日の予想:

9月の追加関税を控え米中摩擦を警戒して、株安になると考えます。

 

■木曜日の予想:

米国FOMC議事を好感して、株高になると考えます。

 

■金曜日の予想:

9月の追加関税を控え米中摩擦を警戒して、株安になると考えます。

 

■考察:

米国FOMC議事がありますが、トランプ大統領の圧力で好転するのかが注目される内容になるかと思います。さらに9月の追加関税を控え、米中摩擦を懸念する週になるかと思います。

先週の予想の振り返り

 

f:id:hmkn0412:20190816203303j:plain

 ■月曜日の振り返り:

祝日(振替休日)

 

■火曜日の振り返り:

予想:中国株安の影響を受けて、株安になると考えます。

結果:米中摩擦と地政学リスクの高まりで、株安になった。

考察:読みづらい日でしたが、やはり米中摩擦の影響は大きく、株安になりました。

 

■水曜日の振り返り:

予想:米国消費者物価指数が良い値を示し、株高になると考えます。

結果:関税先送りで米中摩擦警戒後退で、株高になった。

考察:この日はいまだに納得していないのですが、心理的に上げるような傾向だったかと思っています。

 

■木曜日の振り返り:

予想:米国MBAローン申請指数が良い値を示し、株高になると考えます。

結果:米国長期金利逆転と欧州景気後退で、株安になった。

考察:水曜日の状況を見て、この日は下げることは予想できたかと思います。状況に応じて日々予想を修正する必要があります。

 

■金曜日の振り返り:

予想:米国フィラデルフィア指数が悪い値を示し、株安になると考えます。

結果:安値での反発で、株高になった。

考察:今週は全く経済指標による株の上げ下げがありませんでした。それほど米中摩擦の影響は強いということでしょう。

2019年8月16日(金) 本日は13円上げた【安値からの反発で】

 

f:id:hmkn0412:20190816194908j:plain

こんにちは!ハマカナです。

本日は上げました。昨日の反落下げに対し反発上げです。本日上げた理由は、100円程下げた段階で安値から買いが入ったことが大きかったかと思います。

本日の注目株としては、数日前に目標株価が引き上げられた【リクルートHD】を取り上げてコメントをしたいと思います。

日経平均株価

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】

        

f:id:hmkn0412:20190816194948j:plain

値動きの分析 

■前日のアメリカNYダウ30種:

25,579(前日比:+99.97(+0.39%))で上昇

 

■本日の中国上海総合指数

2,823(前日比:+8.02(+0.28%))で上昇

 

■考察:

・総括

取引開始直後は100円程下げたが、次第に上昇トレンドを形成した。最終的には13円の小幅プラスで取引を終えた。

・上昇した原因

安値から自律反発での買いで、株高になったと考えます。

 ・つぶやき

昨日の逆イールドの尾を引いて、取引開始直後は下げましたが、次第に上昇しました。まだ上げる力があるですね。この状況を見ると、上げる材料はないと感じているのは私だけでしょうか。

注目株:モバイルファクトリー

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

        

f:id:hmkn0412:20190816195049j:plain

 

値動きの分析

 ■考察:

・総括

取引開始直後は下げましたが、次第に上昇トレンドを形成した。最終的には73円の大幅プラスで取引を終えた。

・上昇した原因

まだまだ上昇の勢いがあり、株高になった考えられます。

・つぶやき

勢いもそろそろかげりがあるとの心理で利益確定売りが先行した、と昨日は思っていましたが、まだまだ勢いは残っていそうです。

本日の注目株:リクルートHD

 1分足チャート(単純移動平均線 期間【25】)

      

f:id:hmkn0412:20190816195124j:plain

 

 値動きの分析

 ■考察:

 ・総括

取引開始直後から下降トレンドを形成し、最終的には110円のマイナスで取引を終えた。

・下落した原因

株価が約9か月前の高値とぶつかり、株安になったと考えます。

・つぶやき

大和証券が目標株価を3940円から4400円に引き上げた日から約2日経ちました。それほど大きく引き上げられなかったことと、株価が約9か月前の高値とぶつかったことで、下げたかと思います。昨日と下ヒゲの長いローソク足が出たので、上がる可能性があったのですが、これらの理由から上がらなかったと推測します。

チャートの分析:花王

     

f:id:hmkn0412:20190816195200j:plain


 ■考察:

 ・つぶやき

サイコロジカルラインとRSIが50より下部に位置していて、75日線が一番下に位置しているので、上がる可能性があります。

 

日経平均騰落寄与度ヒートマップ

日経平均騰落寄与度ヒートマップとは、日経平均株価を構成する225の銘柄の株価変動が、日経平均に対しての影響度を円換算したものです。例えば、日経平均が50円上昇したことに対し、食品関連銘柄が30円の寄与度であれば、日経平均が50円上昇した内の30円は食品関連銘柄によるものと考えることが可能ということです。

 

f:id:hmkn0412:20190816195211j:plain

 

上記図は日本経済新聞日経平均騰落寄与度ヒートマップの数値(URL:https://www.nikkei.com/markets/kabu/nidxprice/)を加工して作成

■医薬品、電気機器、建設、小売業、不動産は上げた。

■化学、精密機器は下げた。